便利な防水シールも勢揃い!【お名前シールの作成業者比較サイト】

水に濡れる道具の名前付け

男女

シールというのは便利なものです。たいていのところにペタペタと貼れるので、今では生活のあらゆるシーンで使われています。ただし、シールにも弱点はあります。それは水です。シールは紙でできているため、水に弱く、濡れてしまうとシワが寄ってしまったり、はがれてしまうこともありました。
幼稚園や学校に通うお子さんのいるご家庭では、弁当箱や水筒などを洗う機会が多いと思います。 そういう時、普通のシールでは水にさらしていると、せっかく貼った名前シールがはがれてしまった。
そういった経験はないでしょうか。また、それ以外にも濡れる道具と言えばカサですね。カサはカサ置き場に置いていると、どさくさにまぎれて誰かに持って行かれる危険性が高いため、特に年少のお子さんのカサには名前シールが必須と言ってもいいでしょう。しかし、雨の日は湿気が多かったり、水分を含んだ手で触ってしまうなどして、弁当箱や水筒と同様、いつのまにかシールがなくなっているということも、しばしばあります。

そんな親御さんの悩みを解決してくれるのが、防水の名前シールです。これはシールに使う紙を通常の水に弱いものから、フィルム用紙と呼ばれるものに変えています。フィルムとはそもそも、合成樹脂を薄いシート状にしたものを指すのですが、この素材を使うことで水に対する耐久性を獲得できます。さらに、そのフィルム用紙に防水効果のあるラミネート加工を追加することで、水にも外部の力にも強いシールが完成するというわけです。

ういった防水お名前シールは、さまざまな場面で活躍します。例えば、弁当箱や水筒にこのシールを貼れば、洗っている最中にダメになるといったこともありませんし、カサや長靴に貼っても安心して使えます。雨の日に水たまりがあると、バシャバシャ遊びたくなるお子さんも多いですが、たとえやんちゃな子だったとしても、この名前シールがあれば親御さんもやきもきせずに送り出せますね。また、最近では布製品にも安心して貼り付けができるお名前シールも販売されています。
これなら布製品でも問題なく使えますので、毎日洗濯する幼稚園や学校の制服につけても何も心配することはありません。 以上、防水のお名前シールについて簡単ですが説明しました。シール会社も機能性の高い商品を販売しています。ここでは紹介しきれないオプションを付加したシールも売られているので、お時間のある時にインターネットで検索して、じっくり選んでみてください。

TOP