便利な防水シールも勢揃い!【お名前シールの作成業者比較サイト】

子どもの成長に関わる夫婦関係を円満にするコツ

子供

子どもは親の背中を見て育つと言いますね。社会に出る前の子どもが、もっとも参考にする大人こそが親なのです。そのため、両親は普段から子どもに悪い影響を与えずに、気品にあふれた節度ある行動を心がけてください。と、口で言うのは簡単ですが、実際はいつも波風立てずに一つ屋根の下で暮らしていくのは至難の業です。
夫は服を脱ぎっぱなしにして片付けない、それを何度も注意する妻。これだけなら深刻な問題ではありませんが、毎日のようにいさかいばかり起こしていると、子どもとしても「大人っていうのはこういうものなんだ」と勘違いしてしまいます。

こういった影響というものは、子どもの時はちょっと親の発言や行動をマネして遊ぶ程度で済むかも知れませんが、成長してくるにつれて心身ともに表に出てくるようになります。具体的な傾向としては、口論する親の顔色をうかがうのが当たり前になり、自己主張をあまりしない、あるいは感情のコントロールが不得意になるといったことがあります。夫婦関係を円満にすることは、子どものためというのもありますが、当の両親にしても、いがみ合っていてはストレスも溜まるばかりでメリットは何ひとつありません。
せっかく結婚したのですから、穏やかな生活をしたいと誰もが考えているはずです。 さて、夫婦関係を円満に保つにはどういった方法があるのでしょうか。基本的に夫婦の問題というものは、男性側が発端になり、それを女性側が混ぜ返し、といったパターンが多いと言われています。女性の側は男性のミスやだらしない習慣を目にすると、過去にそれと関連のある(もしくはない)事柄を芋づる式に思い出します。そして注意するときになると「前もこんなことがあった」と言って前例を持ち出してくるのです。こういうとき、男性が言い訳しても、事態が好転することはまずありません。なので、夫としては不本意でしょうが、妻の機嫌が悪いときはなるべく早めに謝っておいたほうがいいでしょう。抵抗しても、今度は次のケンカの時にそれをネタにされます。

そもそも、ケンカを未然に防ぐということも重要ですね。
妻が不機嫌になるときは、たいていは家庭に関することです。そのなかでも比較的多いのが家事ですが、これをほとんど妻任せにしてしまっている男性は要注意ですね。もしそういう場合は、家事を分担するなどして、女性側の負担を軽減しておけば、衝突する頻度もだんだんと減ってくるでしょう。子どもは親が育てるものですが、その反対の子どもが親を育てるという言葉も成り立ちます。以上の点を参考にして親子一緒に成長していきましょう。

TOP